記念品を作る

会社設立の記念品を作る意味とは

企業経営者の中には、会社設立の記念品を作りたいと考える人もいるかもしれません。

これは、10年目や20年目の会社設立の節目を祝う目的で製作・配布されるものですが、この記念品を作り意味は大いにあります。

例えば、記念品を配布する相手には自社の社員も含まれますが、社員の喜ぶようなグッズを配布することができれば、それによって社員の士気を高めることができます。

また、配布先が取引先の企業などであれば、それをもって挨拶代わりとすることができますし、信用度を高めることもできるでしょう。

また、記念品を作って配布することは、それ自体に大きな営業効果があり、新規顧客の開拓を促進することにもなります。

このように、会社設立の記念グッズというのは思いのほか大きな影響力があるものなのです。

では、実際に記念グッズを作る場合、どのようなものを作ればいいのでしょうか。

ここが大きな悩みどころとなるかもしれませんが、基本的に、記念グッズはこういうものを作らなければならないという決まりはありません。

それぞれの会社で自由に内容を決めて構いませんし、いわゆるノベルティグッズのようなものだと思って差し支えありません。

ただし、その記念グッズに多大な営業効果があることを考えれば、できるだけ自社の利益になるような仕方で製作することが必要になります。

例えば、その記念グッズの中に、会社の名前と会社設立の日付を刻印しておけば、それが貴重な記念品であることを印象付けられるとともに、会社の宣伝効果も与えることができます。

またそれだけでなく、記念グッズを渡す相手に喜ばれるようなものを制作すれば、その相手から会社に対する評価を上げることもできます。

もちろん、渡す相手によって喜ばれる品は変わってきます。

ある時は文房具、日用品などが喜ばれることもありますが、懐中電灯など災害対策が喜ばれることもあります。

このように記念グッズを受け取る相手のことを考えて製作を行えば、会社にとっても益となる本当に有意義な記念グッズとなるでしょう。

さらに、別の観点から会社設立記念グッズの意義を捉えることもできます。

それは、記念グッズの製作が節税に繋がるということです。

記念グッズの製作では一定の費用がかかりますが、その費用は会社の経費として計上することができるのです。

これによって節税対策ができるようになりますし、グッズをたくさん作ることによってコストを安く抑えることもできます。

このように、会社設立記念グッズを作ることには複合的なメリットがあります。