チェックシート

会社設立を行う時にはチェックシートを作成

会社設立と言うのは、会社の基本的な事項を定める事が始めます。

例えば、会社の社名をどのようなものにするのか、事業目的、本店はどこに作るのか、出資は誰が行い、誰が代表取締役社長になるのか、資本金の額はいくらにするのか、決済公告はどのような方法で行うのかなど、書き出したら切りが在りませんが、様々な決め事を会社設立を行うメンバー全員で話し合いをしながら決めて行く必要があるわけです。

因みに、会社設立は自ら行う事も出来ますし、会社設立の代行を手掛けている会社などにサポートを依頼する事も出来ます。

会社設立の代行をしている司法書士や税理士の人々に頼めば、設立における作業の大半をサポートしてくれるわけですが、代行と言う事からもお金が掛かることになりますので、設立費用を少なくしたいと言う場合には自ら設立をしていくことになるわけです。

会社の基本的な事項は全て定款と呼ばれる書類に書き留めて行く必要が有ります。

定款は会社の憲法などとも呼ばれている重要な書類で、株式会社を作る場合には公証人役場での定款認証が必要です。

定款認証で許可が下りなければ設立はスタートからやり直しになるわけです。

因みに、会社を作る時に参考になるのが書籍やインターネットです。

最近はインターネットの中には設立におけるノウハウなどを記述してあるウェブサイトもあり利便性が高くなっています。

中にはチェックシートを作成してあるウェブサイトもありますので、自ら会社を作ろうと言う場合などでは便利な存在です。

チェックシートには会社の設立に必要な事項が全て掲載されていること、そして手順通りに進めて行くことで設立をスムーズに行えるなどのメリットが有ります。

また、チェックシートにはフローが掲載されていますので、そのフローに従って決められたことを行って行くことで設立もスムーズに行う事が出来るのです。

定款は出資者や代表取締役の実印を捺印する事になりますが、実印と言うのは印鑑証明書が必要になるのが特徴です。

定款が完成して実印も捺印し、後は公証人役場に定款を持って行けば認証を得られると言う時など、うっかり実印の印鑑証明書を交付して貰うのを忘れてしまうと、設立がスムーズに行われない事になります。

事前に色々な事を調べていても、何をどのタイミングで用意すれば良いのかなどはチェックシートが有ることでその都度確認する事が可能になると言ったメリットが有ることからも、自ら会社設立行う時などに便利な存在になってくれるのです。