必要な人数

会社設立を行うために必要な人数

ある程度以上の規模がある会社の運営というものは、通常だと一人で行われるというようなことはありません。

近年ではインターネットなどを活用した事業の登場により、これまでよりも少数での経営がされることも増えて吐きましたが、それでも従業員が一人もおらず、会社設立者だけで事業を運営するというケースはまだ少ないというのが実際でしょう。

さて、そうした中で気になるのが「会社設立を行うという際に必要な人数はどれくらいなのか」ということです。

まず結論からいえば、これはかつてまでは株式会社の場合は3人が必要とされていました。

これはかつての会社法では「株式会社設立の場合は取締役3名、監査役1名を設置すること」ということが義務として求められていたからです。

そのため、これまでは株式会社を設立するために親族から名義を借りるというようなことも少なくはありませんでした。

しかし2006年5月以降に施行されている会社法においては、人数の制限が無くなっています。

そのため株式会社にしろ合同会社にしろ、会社設立を行うという際には一人で行うことも可能です。

またかつてまでは会社設立、特に株式会社設立においては「1000万円以上の資本金が必要」として規定がされていたため、多額の資本金を確保するために何人かの人で分担をすることによって出資するというような状況がありましたが、これも現代の会社法においては下限が撤廃されており、極端な話をすれば資本金1円でも起業をすることが可能です。

実際には資本金を1円として起業してしまうと融資の際の信用評価などに影響が出てくるためにあまり良くはないのですが、選択肢として「単独で会社設立をする」というものが生まれたのは間違いありません。

ただしかし、会社設立を一人で行うというような場合には、知識や判断などには注意が必要です。

万が一間違っている選択をしていたり、後々になって障害になりそうなことを行ってしまっていたというような場合、複数人がいる場合はそれに気付いた誰かが教えてくれることもあります。

しかしながら一人で全ての手続きを行っていこうとするのであれば、自分だけで間違いなどをチェックしていかなくてはなりません。

訂正のできる手続きなどであればそういった場合でもさほど問題はないのですが、会社設立は行う人の生涯に対して大きな影響を与えるものです。

ですから、もし一人で会社設立を行うというような場合には、なるべく税理士や司法書士など、専門家の意見を参考にできるような環境を整えておくようにしましょう。